スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
イノシシを追い詰めた
- 2011/01/20(Thu) -

甲斐犬ボス
3歳半にして初めて野生の猪を見つけ追い詰めました。
2011-1-20-2



先日、いつもの山に行った時のこと。
山裾に車をとめて30~40分歩いた頃でした。
雪が多くなってきたので、まだ行く?戻ろうか?と話していたところ
私達の数メートル先を歩いていたボスが突然、ぴゅーっと前方に跳び
そのまま斜面を駆け下りて行きました。

いままで見たことのない動きでした。
ヤマドリや雉を見つけた時はその場で垂直にピョンピョンと数回跳ねるのですが
この時はプーマのマークのようにピューっと格好よく前方に舞ったのです!
まあ飼主の欲目もあるのでしょうが。。。

おぉっ!今の見たぁ???
なんかすっごくカッコ良かったよねー!などと話しておりますと
数秒後、少し離れた位置でけたたましく吠える声が聞こえてきたので
うへぇ~~。。。またタヌキかなんか見つけたんじゃないのぉ?
めんどくさー!と思っておりました。

その直後、自分の右後方でカサカサカサという音がし
なんか黒いものが動いているような気配がしました。
一瞬、ボスかと思い
え?ずっと向こうで吠える声がしたのに
なんでここにいるの?と不思議に思ったのですが。

振り向いてみるとそれは猪の仔でした。
そ、それも四頭~~~!

こんな間近で野生の猪を見たのは初めてなので
とても驚いたのですが、それよりもたまげたのは
四頭のウリ坊はまったくこちらを警戒することなく
スタスタスタと私達の目の前を横切っていったのです。
一列になり、ハイハイ~前を通りますよ~って具合に。

アゴが落ちそうにあんぐりしていると
またボスが吠える声がしたのでその方向を見ると
小高い位置でボスとそれよりも大きく同じような色合いの動物が
走っているのが見えました。

・・・い、イノシシじゃないかーーー?!
あいつ、猪を追いかけとるーーー!



それからは
  イノシシ走る ※
     ↓
  ボス追いかける  
     ↓
  おかちゃんイノシシを追うボスを追いかける
     ↓
  ボス、イノシシを追い詰める
     ↓
  イノシシ、ボスを威嚇する
     ↓
  ボス、跳ね返るように身をかわす
     ↓
  その隙にイノシシ逃げる
     ↓
  ※ に戻る

これを幾度繰り返したでしょうか。

旦那が私に
「もう追うな!そのうち諦めて帰ってくるわ!」とか
「名前を呼ぶとこっちに気をとられた隙に猪にやられる!」と叫んでいましたが
その時の私はもう、ボスが初めて追った猪に無茶を仕掛け
怪我をしてしまうのが心底おそろしく、後を追わずにはいられませんでした。

それに追いついた時に名前を呼ぶと瞬間、私の方を見るんですよね。
なので追いかけて呼んでいたら、そのうちに
戻ってくるんじゃないかとも思いました。


それからも、何度目だ。ナウシカ!状態で
追い詰める逃げられる追い詰めるを繰り返し、、、

最後は急斜面の上方にいる猪に下からボスが吠えついていた時。
ボスと猪がワチャワチャとやっている5メートルほど下に私はいました。

ボスよりもずっと大きい猪。
牙は自分の手をみて人差し指か中指くらいの長さに感じました。
5メートル離れているので確かではないかもしれません。

あの牙でやられたらどうしよう。。。

そればかり考えていました。

猪ももう疲れてきたのか (たぶんそんなことはないと思うけれど笑)

  イノシシ、ボスを威嚇する
     ↓
  ボス、身をかわして斜面を下りる
     ↓
  イノシシ、その場から逃げず
     ↓
  ボス、イノシシに戻る

を繰り返していました。

ここでやっとワタシは
「そっか。。。いま自分がこれ以上近づいたらイノシシはまた逃げて
ボスが追う。の繰り返しだわな」と気づきまして。

斜面ですから、威嚇する猪をよけて数メートル下がってくるボスを
下で待っていて捕らえようと考えました。

それから。
1回目。私の真ん前に下りてきましたが
もう少しのところで手が届かず。
すぐに猪の所へ戻っていきました。
2回目。
勢いよく跳ねて下りてきましたが
左に大きく逸れた方向で追いつけませんでした。

良い表現をすればサッカーのゴールキーパーのようでしたね(苦笑

雪の中や川、泥のところも構わず入って追いかけてきたので
靴もズボンも既にドロドロです。

3回目。
また左の方向へ跳ねて転がり
すぐに猪の方へ戻ろうとするところに追いつき
ボスの尾を掴んで自分の方へ引き寄せました。
悔しいのか、キャキャキャーン!とカン高い声で鳴き大暴れしましたが
こっちだって必死です。
絶対に離すもんか!と抱えたままその場に座り込んで押さえ付けていました。

猪は上からジッとみていましたが
すぐに立ち去っていきました。

山の中をずいぶんと走り回り追いかけてきました。
ホッとしたら何だか腰が抜けたようで下半身が重くなりました。

でも無事に戻せてよかった。
週3日ジムでトレーニングしていて良かった。。。
この時ほどそう思ったことはありません。


しかし。
猟をしない人間の犬が猪を追いかけてしまう場合
どのように対処したらよいのでしょうか?

最近は山ではぐれてもしばらくすれば戻ってきて合流するか
車に戻ってくるので、ある程度のところで諦めて戻って来れば
それほど心配しなくてもよいのかもしれません。

でも今回はよかったけれど、もっと大きな猪だったら?
怪我をして戻ってこれなかったら???
想像してみただけで頭の中が真っ暗になります。

街で育った子なのに野生が残っているのは嬉しいけれどね。
無茶して怪我して欲しくない。
そこそこ追いかけたら戻ってきてくれよ?

そして。。。
もし、もしも私が猟師で銃を持っていたならば。

最初のうり坊四頭とボスが追い詰めた猪、
間違いなくゲットできたでしょうね。

実際のワタクシはそんな度胸ないですけど。
もしも。もしものお話。




帰りの道で
凍った滝を見つめるおかちゃんとボスなのでした
2011-1-20-1

スポンサーサイト
この記事のURL | やま | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。